バンビウィンク 成分

バンビウィンク

バンビウィンクはまつ育サプリです。

ビオチン、ポリアミン、亜鉛、ビタミン、葉酸が豊富に配合されています。

このバンビウィンク成分の効果が気になります。

本当に、まつ育に効果のある成分なのでしょうか?

副作用や、髪や爪に良いという口コミでの噂も含めて調べました。

 

バンビウィンク成分はまつ育効果なし


【効果なし?】バンビウィンクの口コミはこちら


バンビウィンクの成分

還元麦芽糖水飴、デキストリン、ドロマイト、酵母粉末、ポリアミン含有米胚芽抽出物、澱粉分解物、ビタミンE含有植物油、セルロース、カロテン、グルコン酸亜鉛、V.C、ステアリン酸Ca、加工澱粉、L-シスチン、V.B6、V.B2、ビオチン、葉酸、(原材料の一部に大豆、ゼラチンを含む)

引用:バンビウィンクの原材料

特に副作用の心配のある成分は含まれてません。「1日2粒」の用法用量を守れば、過剰摂取になる心配もありません。

そして一番重要なのが主成分の「ビオチン」です。

実は、ビオチンは、まつ育美容液「リバイタラッシュ」の主成分でもあります。リバイタラッシュはまつ毛の根本に塗るタイプのまつ毛美容液で世界中で使われている商品です。


 

バンビウィンク 成分 ビオチン

哺乳類の必須ビタミンで、体内で生成できないため、外部から摂取が必要になる。

レバー、豆類、卵黄、酵母などの食材から摂取できる。


ビオチンは2003年から栄養機能食品だけに添加が認可される。しかし、その結果、乳幼児のビオチン欠乏症が社会問題になり法改正が行われた。

2014年以降、保健機能食品などに対してビオチンの添加が認められるようになった。

皮膚、粘膜を保つ栄養素で、ビオチンが欠乏すると、「ビオチン欠乏症」となる。


乾燥鱗片様の皮膚炎、結膜炎、脱毛、舌炎、皮膚の感染症

眼、口、鼻、生殖器周辺での鱗屑性皮疹

筋肉痛、運動失調、知覚過敏、けいれん

食欲不振、うつ症状、吐き気、悪心

アシドーシス、尿への有機酸排泄


ビオチンは髪や爪の問題に人気のサプリメントとなっており医師も使用を推奨することがある


爪の脆さの治療では数人規模の研究が複数ある。

爪の脆さの改善に対しては、ランダム化比較試験による検証が必要となる。

2018年のシステマティックレビューでは、多くは先天性の欠乏症だが毛髪の状態(主に脱毛症)がビオチンによって改善されているという小さな研究がいくつもあり、ランダム化比較試験による検証が必要となる。

例えばバルプロ酸使用者と健康な人で、ビオチン血中濃度とビオチニターゼの活性は正常な範囲で違いもなかったが、バルプロ酸使用者で脱毛症が見られた人々に1日10mgのビオチンを服用させたところ3か月以内に脱毛症はなくなった。


引用:ビオチン欠乏症

このように、ビオチンが欠乏すると様々な疾患の原因になります。

ビオチンは体内で生成できない成分です。体外から食事やサプリメントで摂取する以外に方法がありません。ビオチンはまつ育美容液「リバイタラッシュ」の主成分でもあります。


ビオチンは髪や爪をキレイにするサプリメントの成分としても人気があります。

 

このように、ビオチンは人体の健康維持においても必要不可欠な成分で、バンビウィンクの主成分として豊富に配合されています。

バンビウィンク450μg配合


引用:バンビウィンク成分



バンビウィンク 成分「ポリアミン」

バンビウィンクの成分である「ポリアミン」は、細胞分裂や蛋白合成などの活動に関与している成長因子。老化で、人体のポリアミンは減少する。


ポリアミンの効果

ポリアミンがないと細胞分裂、細胞増殖ができない

濃度2倍のポリアミンを餌として、経口摂取でマウスに与える実験の結果、抗加齢効果があった。血中濃度が上昇することで、老化の進行が抑制されマウスの寿命が伸びた。

 

ポリアミンを含む食品

白子、貝、きのこ、納豆、大豆、小豆、チーズ




バンビウィンク 成分 亜鉛

亜鉛は、薄毛改善のための育毛サプリでも人気の成分です。


亜鉛の効果

髪の毛は9割がケラチンでできています。ケラチンは18種類のアミノ酸から構成され、肌、爪、髪の毛、まつげ、眉毛など様々な部分を形成しています。

ケラチンが不足すると、上記の箇所のツヤやハリがなくなる原因になります。

 

亜鉛を摂取すれば、全ての問題が改善されるわけではないのですが、亜鉛が不足するとケラチン形成がうまくできなくなります。

亜鉛はケラチンを体内で作るための栄養素です。不足するとケラチン不足の原因になります。

ゲラチン不足になってしまうと、毛が薄くなったり抜けたりする原因にもなります。

 

亜鉛欠乏症

亜鉛が不足すると、脱毛、下痢、インポテンス、精神的無気力、味覚障害、創傷治癒遅延が起こる場合があります。


亜鉛を含む食品

魚、豆類、赤身肉、ナッツ、鶏肉、卵、牡蠣、レバー(豚)、牛肩ロース、パルメザンチーズ、煮干し


 

まとめ

ビオチン、ポリアミン、亜鉛成分が髪の毛や爪、眉毛、そして「まつ毛」の形成に必要な重要栄養素であることがわかりました。


また、これらが不足することで、髪の毛が脱毛したり薄毛が進行する原因になります。

バンビウィンクは、その他にビタミン、葉酸などの成分を配合し、まつ育に必要な栄養素を豊富にカバーしています。

 

バンビウィンクが、2013年の発売から、現在も沢山売れ続けているのは効果を感じてリピート購入しているユーザーが多いからです。

 

それと比較し、まつ毛を増やすサプリメント(バンビウィンク)は、毎日2粒飲むだけで良いので、サプリのほうが長く継続しやすいメリットがあります。

また、色素沈着や目の充血などの副作用の心配も無い点も長所です。

 

バンビウィンクは口コミでも、このように評価されています。

バンビウィンク アットコスメ

アットコスメの評判も2013年の発売から、2019年9月現在も高評価を維持しています。

このように、バンビウィンクはロングセラー商品として、多くのリピーターに支えられています。

また、主成分の「ビオチン」は、まつ育美容液「リバイタラッシュ」の主成分でもあります。育毛剤も塗るタイプより飲むタイプのほうが高い効果が報告されていますが、副作用がありリアップなどの主成分「ミノキシジル」は塗り薬になっています。

バンビウィンクの主成分である「ビオチン」は飲んでも副作用の心配のない成分ですので安心です。

 

バンビウィンクの口コミを見る

 

 

2019年09月24日